新着情報

【奉仕員の皆さまへ】奉仕活動・会場使用について(4月5日更新)

 『宮城県・仙台市緊急事態宣言』『まん延防止等重点措置適用』の発出に伴い、センターサービス及び会場使用に関して、次のとおり対応を取らせていただきます。

 なお、以下「当面の間」とは、緊急事態宣言期間である「令和3年3月18日(木)から令和3年5月5日(水)まで」を指します。

1.感染予防対策として、室内の換気、人と人との距離を適切に取ることをお願いしております。入口でのアルコール消毒・マスクの着用・来館記録の記入につきましても、引き続き徹底をお願いします。
 
2.会場使用について
 センターへの来館は原則ご遠慮頂いております。
 
3.奉仕活動及び各種講座について
○製作物の受渡し
 郵送による受渡しをお願いしています。郵送用にレターパック等必要な方はご連絡ください。来館されての受渡しは玄関設置のボックスをご利用ください。
○スタジオ・録音室での活動
 感染状況を徹底の上、センターの録音室・スタジオの利用のみ再開
○音訳定期刊行物の収録 (センターだより等)
 職員より連絡致します。
○デイジー編集ボランティア活動
 当面の間中止。
○点訳・音訳相談、パソコン作業
 当面の間中止。
○作業奉仕員の活動 (各種発行物封入や検聴作業などの活動)
 当面の間中止。
○点訳例会・音訳定例会
 当面の間中止。
○点訳・音訳の各種グループ活動
(テープみやぎ、フレッシュインフォメーション、点訳絵本、各奉仕会活動等)
 来館しての活動は当面の間中止。原稿取りまとめ等、詳細については職員よりご連絡します。
○点訳・音訳奉仕員養成講座
 来館しての講座は当面の間中止。課題の提出等、詳細については職員よりご連絡します。