地域連携業務

情報センターでは平成26年4月1日より、視覚障害者福祉向上のため、地域連携推進業務を開始いたしました。
以下の3点を具体的な業務内容としています。

1.相談業務

視覚障害者の日常生活における相談や視覚障害に関する相談に応じます。
各市町村等の協力を得ながら、視覚障害者向けの相談会を県内各地で実施していきます。

2.大規模災害への備えと災害発生時の対応

東日本大震災において、視覚障害者の避難誘導や避難所における情報保障に課題を残しました。
視覚障害者を地域で支える体制を構築するために、市町村や地域住民を対象に出前講座を行い、視覚障害に関する理解促進を図ります。

   出前講座について詳しくはこちらから

3.その他

各地域において情報提供を行うとともに、視覚障害者当人同士の情報交換及び交流の場を設定し地域における情報格差解消に努めます。

   今年度の地域行事開催予定についてはこちらから (情報交流会・出張!視覚情報センター等の開催日程)