視覚情報センターだより 平成30年6月号

平成30年6月15日発行 第553号

視覚情報センターだより
平 成 30 年 6月号

***今月のメニュー***

1.お知らせします
2.教えて!! 社会資源
3.利用者アンケートについて
4.ピッカピカ新刊紹介 -点字図書・録音図書紹介

宮城県視覚障害者情報センター
〒980-0011 仙台市青葉区上杉6-5-1
TEL 022-234-4047 FAX 022-219-1642
(夜間・閉館日は留守番電話をご利用下さい)


1.お知らせします

以下の情報センター主催行事についてのお問い合わせは情報センターまで、また費用の記載の無いものはすべて無料です。

(1) オープンすいてん会のお知らせ
6月の「オープンすいてん会」の内容予定をご紹介いたします。
日時:6月27日(水)13時~15時まで
内容:県内の各市町村の地域生活支援事業について
地域生活支援事業は各市町村で異なっております。例えば「日常生活用具」の制度ですが各自治体によって指定されている品目や対象が少しずつ違います。「音声血圧計」や「色柄読み上げ装置」などが指定されている自治体があれば、「点字器」が入っていない自治体もあります。
また、意思疎通支援事業やコミュニケーション支援事業などの名称で、代筆や代読が地域生活支援事業に要綱として定められている自治体もあります。
自分のお住まいの街の制度がどうなっているか、皆さんと一緒に学んでみませんか。
申込締切:6月26日(火)

(2) 情報センター機器講習会のお知らせ
iPhone・iPadをお使いの方を主な対象に、機器講習会を開催します。初心者の方・将来のiPhone・iPadの使用をお考えの方も歓迎します。
日時:7月1日(日) 10時~15時
【午前の部】iPhone・iPadの基本的な使い方
主な内容: アクセシビリティの設定やジェスチャー等の基本的な機能について。
【午後の部】情報機器よろず相談会
主な内容:事前に相談したいことを受け付けます。前もって聞きたいことやサポートを受けたいことを申し込み時にご連絡ください。
定員:4名程度 (午前・午後のみの参加も可)
会場:情報センター
申込締切:6月26日(火)
なお、お弁当ご希望の方は当日希望を承ります。

(3) タンデム自転車の貸出について
平成30年2月に、当センターで活動している宮城点訳奉仕会の60周年事業として、宮城県視覚障害者福祉協会へタンデム自転車2台が寄贈されました。
そこで、タンデム自転車の貸出についてご案内いたします。
対象は、視覚障害福祉の向上を目的とする団体・組織、宮城県内に在住する視覚障害者のご家族の方を対象とします。
手続きについて
1.貸出を希望する方は、情報センターへ3日前までに予約をしてください。
2.貸出を受ける際には、来所の上「借受申込書」に記入し、提出してください。
郵送などによる貸出・返却はできません。自転車を移動させるには、ライトバン程度の自動車が必要となります。また、タンデム自転車の前席に乗る方に、取り扱いの講習を受けていただきます。
3.貸出期間は7日間以内、貸出料として1回1台につき1000円お支払いいただきます。
4.乗車時にはヘルメットを着用してください。なお、ヘルメットは、自転車と一緒に貸出します。
5.道路交通法を遵守してください。現状では宮城県内では公道の2人乗りは許可されていませんので乗る会場・場所については、乗る方が土地や施設の管理者等の許可を得て確保してください。
6.保険については、最低限の保険のみ加入しております。必要な場合には、貸出を受ける方が傷害保険などに加入してください。
詳しい要項をセンターに準備しておりますので、ご希望の方はお問い合わせください。

(4) タンデム自転車試乗会のご案内
宮城点訳奉仕会から寄贈を受けました、「タンデム自転車」を楽しむイベントを以下の日程で開催いたしますのでお気軽にご参加ください。
視覚支援学校のグランドを借りて、タンデム自転車に乗り、風をきる体験をしませんか?雨天の場合は中止となりますので、あらかじめご承知おきください。
日時:7月15日(日)午前10時~15時まで
場所:情報センター
午前の部:10時~12時まで
午後の部:13時~15時まで
定員:午前・午後とも6名まで
申込締切:7月9日(月) 準備の都合上、当日参加はご遠慮ください。

(5) 視覚障害者情報交流会の開催について
情報センター主催による交流会を開催します。当日は、図書館利用案内や健康、福祉制度をテーマとした講話のほか、見えない・見えにくい方向けの情報機器、便利グッズの紹介及び操作体験、当事者同士での懇談会を予定しております。申込みは不要ですのでお気軽にご参加ください。
対象者:視覚に障害のある方(障害者手帳の有無は問いません)、ご家族、その他(視覚障害支援に関心のある方等)
日時・会場
・大崎市 7月12日(木)大崎市図書館
・岩沼市 7月17日(火)岩沼市iあいプラザ2階 大会議室
・東松島市 7月24日(火)東松島市役所鳴瀬庁舎 3階会議室
・柴田町 8月18日(土)船岡駅コミュニティプラザ(JR船岡駅2階)
・栗原市 8月28日(火)栗原市市民活動支援センター
・名取市 8月31日(金)名取市役所 6階 会議室

(6) 出張!視覚情報センターinいしのまきを開催します
一般市民の方が視覚障害・盲ろうについての障害理解を深めることと、視覚に障害のある方の自立と社会参加の推進を図ることを目的としたイベントを石巻市で開催いたします。
映画「もうろうをいきる」の上映会、監督と出演者とのトークイベント、三菱電機の音声ナビ付き「レンジグリル「ジャー炊飯器」」の体験を企画しております。
申込み不要で、どなたでも自由に来場できますのでお誘い合わせの上、お気軽にお越しください。
日時:平成30年7月21日(土) 10:00~16:00(入退場自由)
場所:みやぎ生協文化会館アイトピア「アイトピアホール」
〒986-0822 石巻市中央2-7-3
参加費:無料
対象者:一般の方、目の見えない・見えにくい方、家族、支援者の方
内容:
<イベントブース>
○音楽の集い「仙台ガブリエリブラス」10:30から
○映画上映「もうろうをいきる」13:00から(副音声・字幕付き)
○映画トークイベント「西原孝至監督・小山賢一さん(映画出演・石巻市在住)」14:40から
<常設ブース>
○福祉作業所展示販売コーナー 「希望の星」で視覚障害者が製作した物品類の展示・販売
○リサイクル図書コーナー
○情報センターサービス紹介
○点字体験 点字器を使用した点字体験、点字名刺づくり(10時~13時まで) 点字がついている様々な製品の展示
○視覚障害者用情報機器及び便利グッズの展示及び体験
目の見えない方・見えにくい方のための機器や便利グッズを自由に体験できるよう展示しております。
白杖をご希望の方へご希望の長さに調節の上、配布いたします。
また、視覚の身体障害者手帳1・2級の手帳をお持ちで、まだ音声時計をもっていない方へ「キーホルダー型音声時計」を配布いたします。

(7) 差し上げます
以下の点字資料を差し上げます。
なお、先着順とさせていただきますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。お一人様3タイトルまでとさせていただきます。締切は、7月17日といたします。
【点字版】
○東洋療法 289号
○心の糧 5月号 曹洞宗宗務庁/発行
○にってんブレイル 5月号
○ニッポン放送 点字・拡大文字番組表 平成30年度前期版
○広報いしかわ 第180号
〇出版図書ニュース 第137号 京都ライトハウス情報製作センター/発行
○キューピー3分クッキング 4月号
○点字こうめい No.76 公明党機関紙委員会/発行
○平成30年度「盲ろう者向け情報機器指導者養成研修会」
受講者募集案内 全国盲ろう者協会/発行
○平成30年度「コミュニケーション訓練個別訪問指導」
受講者募集案内 全国盲ろう者協会/発行
○世界ことわざの泉 山形 孝夫/監修 全2巻
○読書で自分を高める 本田 健/著 全2巻
○「自分に自信がない人」を卒業する44のヒント 村井 嘉浩/著 全2巻

(8) 盲導犬体験歩行会のお知らせ
日本盲導犬協会スマイルワン仙台では1泊2日で盲導犬とあるき、一緒に生活する体験会を行っています。街中を盲導犬と風を切って歩く体験してみませんか?盲導犬訓練士や盲導犬ユーザーがあなたのギモンに答えます。
開催日時
第3回 7月14日(土)10時から 7月15日(日)12時まで
第4回 8月25日(土)10時から 8月26日(日)12時まで
*各回とも内容は同じです。ご都合のよいお日にちをお選びください。
会場:仙台訓練センター(スマイルワン仙台)
対象:東北及び新潟にお住まいの見えない・見えにくい方
定員:4名
参加費:無料
1日目の昼食・夕食、2日目朝食はこちらで準備いたします。
会場までの往復の交通費はご負担ください。仙台駅までの送迎は可能です。
前日泊、家族での宿泊も可能です。
問い合わせ・申し込み
公益財団法人 日本盲導犬協会 スマイルワン仙台 ユーザーサポート部
〒982-0263 仙台市青葉区茂庭字松倉12-2
電話:022-226-3910

 

2.「教えて!! 社会資源」

~情報センターのサービスについて~

2回にわたりセンターのサービスを紹介してきましたが、今回は、情報機器の講習会と点字訓練について紹介します。機器講習の形式は毎月第1日曜の一斉講習と、主に毎週火曜に実施している個別講習とにわかれます。どちらも事前の予約が必要です。

1.集合研修
毎月第1日曜日に、それぞれテーマを設け、機器講習会を開催しております。
年に数回、情報機器のメーカーからスタッフをお招きし、開発・販売に携わっている方から直接レクチャーして頂く企画もあります。
講習の主な内容は、音声パソコンの基本操作、iPhone・iPadアプリ紹介、デイジー再生機や点字ディスプレイの使い方などです。
午前中はテーマを設定しての一斉形式、午後は個別に対応するよろず相談としています。
ご希望の方はセンターだよりの「お知らせしますコーナー」をご確認ください。
2.個別講習
原則として毎週火曜日の午前10時~12時、午後1時~3時の間で、一人2時間を目安に機器講習を行います。
都合がつかない場合には他の曜日でも調整可能です。個人で目標を設定し、マンツーマンで講習を進めていきます。
主な内容としては、音声パソコンでのローマ字入力、お使いの機器の操作方法の確認・復習といった初心者向けのものから、iPhone・iPadのVoiceover環境での操作やアプリ紹介など幅広く対応します。
スマホやタブレットの普及で、私たち視覚障害者の生活もどんどん変化してきています。できるだけ新しい情報を提供しながら、機器の操作なども紹介できるよう努めていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。なお、機器相談は電話やメールでも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、補装具、日常生活用具、便利グッズの体験や貸出も可能です。
例えば、「時計」についても音声がでるタイプ、触ってわかるタイプ、腕時計、置き時計など10種類以上展示しております。
体験希望の際には、事前にお電話でご予約をおねがいいたします。

点字訓練については毎週水曜日の集合研修の他、緊急性が高い方や水曜日の参加が出来ない方などへは個別での訓練にも対応しております。水曜日の午後は参加者同士の交流や情報交換などを行う、「すいてん会」も開催しております。ご希望の方は、お気軽にご相談ください。

情報機器担当 中村 哲

3.利用者アンケートについて

今年3月に県内の利用者の方を対象としまして「利用者アンケート」を行いました。
ご回答いただきました、みなさまありがとうございました。
今号はアンケート結果の一部を皆様へご報告いたします。

調査票送付数は点字版が259名、墨字版・音声版が738名の合計997名の方にアンケートを送付し、点字版69票、それ以外が262票、合計331票(全送付数の33%)の回答を頂きました。
(アンケート回答数の総数が合計331票よりも少ないものは、未回答によるものです)

1.性別をお聞きします。
ア.男 185
イ.女 141
未記入 5という結果で男性が少し多い結果となりました。
【分析】センター利用登録についても、男性が56%、女性が44%となっています。

2.年齢をお聞きします。
(以下 年齢別、回答者数、全体からの割合の順に記載します。)
ア.19歳以下 6 2%
イ.20代 8 2%
ウ.30代 11 3%
エ.40代 27 8%
オ.50代 51 15%
カ.60代 96 29%
キ.70代 88 27%
ク.80歳以上 43 13%

【分析】60代以降の方が、227人の全体の69%と約7割を占め、50代以降を含めると278人の84%となりました。

3.お住まいの市町村
仙台市の方が164人と約半数を占め、次いで大崎市の24人、石巻市の23人と続きました。
【分析】
今回のアンケートの回答者の半数を仙台市の方が占めました。
また、アンケートとは別に、センター利用登録者を調べてみても、県内全体利用登録971人のうち、仙台市に在住の利用者さんは484人と約半数を占めています。

4.1ヶ月何タイトルくらい図書(雑誌を含む)を利用していますか。
①点字図書
(以下 タイトル数、 回答者数、 全体からの割合、の順に記載します。)
ア.0 272 82%
イ.1~5 49 15%
ウ.6~10 7 2%
エ.11以上 3 1%

②デイジー図書
ア.0 182 55%
イ.1~5 94 28%
ウ.6~10 20 6%
エ.11以上 35 11%

③その他(カセットテープ図書等)
ア.0  304 92%
イ.1~5 22 7%
ウ.6~10 4 1%
エ.11以上 1 0%

【分析】最も多い「②デイジー図書」においても、55%の方が図書の貸出を定期的に利用していないと回答しています。
半分以上のかたが、図書の貸出利用を使っておらず、広報誌の購読のみ・選挙公報のみなど配布を受けるのみの利用にとどまっています。

5.これから利用したいと思うジャンルを選んでください。
(複数回答可)
最も希望があったのは「日本の小説」次いで「医学」「エッセイ」「音楽」「歴史」の順。その他には、編み物、宮城県東北の情報、落語などの演芸、社会資源や福祉機器、就業に関するものなどがあげられました。

6.現在お持ちの情報機器に○を付けてください。(複数回答可)
ア.デイジー図書再生機 220 66%
イ.パソコン   147 44%
ウ.タブレット(iPad等) 40 12%
エ.スマートフォン  56 17%
オ.ケータイ(らくらくホン等) 160 48%
カ.点字ディスプレイ  31 9%
キ.その他   35 11%
その他として、拡大読書器が9、ラジオが7、ラジカセが6の回答がありました。
ケータイ(らくらくホン等)を持っていると回答した人は約50%、スマートフォンを持っていると回答した人は17%となっています。
視覚障害の方へのスマホの普及はこれからすすむと思われます。

7.質問6でお答え頂いた情報機器について、どんな目的に使用しているのか教えてください。(複数回答可)
ア.図書の利用   196
イ.メール   155
ウ.インターネット  137
エ.SNS(LINE、Facebook、Twitter等) 42
オ.その他   50
その他として
通話のみ 計6件
録音  計2件他
【分析】
47%の方がメールをしていると回答しています。
パソコンやケータイなどでメールのやり取りが可能であることが推察されることから、昨年度創刊したメールマガジン「視覚ニュース」のPRをすすめ
購読者を増やすことが必要であると思われます。
また、SNSの利用も13%の方が行っていると回答。これから増えてくることが見込まれます。

今回はアンケートの1~7についてご報告いたしました。
8以降は次号にてご報告いたします。

4.ピッカピカ新刊紹介

貸出希望の際は、図書の種類と書名、または番号をお知らせください。予約受付後、6月22日からの貸出となります。

点字図書
一般向け図書
No 書名(巻次、副書名) 著者名 冊数

1 知識の殿堂-今すぐ話したくなる知的雑学 曽根 翔太/著 4巻
魚は魚屋、肉は肉屋、なぜ野菜は八百屋? 「ギザギザ」は何語? 水よりもビールを沢山飲めるのはなぜ? モノの起源、発祥、由来から、生き物の生態、生活の上で役立つちょっとした裏ワザまで、あらゆる知識を紹介する。 彩図社

2 チェリー・イングラム-日本の桜を救ったイギリス人 阿部 菜穂子/著 3巻
大英帝国末期、園芸家が日本で目にしたのは多種多様な桜が消えようとする姿だった。イギリス人「桜守」の生涯を描く。第64回日本エッセイスト・クラブ賞受賞。 岩波書店

3 預金封鎖に備えよ-マイナス金利の先にある危機 小黒 一正/著 5巻
あなたの預金が下ろせなくなる! 財政破綻が現実味を帯びるいま、預金封鎖のリスクが迫っている。 朝日新聞出版

4 介護施設で死ぬということ-生活支援の場のターミナルケア 髙口 光子/著 2巻
親の生き方・死に方を子どもが選ぶときがくる。介護施設でのターミナルケアの実際を紹介し、終末期の入居者と家族を通して親の看取り方を考える。 講談社

5 小さき生きものたちの国で 中村 桂子/著 2巻
加速する競争と効率の時代に、〈生命の本質〉はいま、見失われようとしている。生きものの誕生から現代までの歴史を一望する「生命誌」の第一人者が、日本社会に向けて、〈生命論的世界観〉へのパラダイム・シフトを示す。 青土社

6 みんなでミートクッキング 3 すこやか食生活協会/制作 1巻
牛肉・豚肉を使った料理16品のレシピを紹介しています。 すこやか食生活協会

7 表現者たちの「3・11」-震災後の芸術を語る 山内 宏泰/ほか著 2巻
芸術家たちは東日本大震災で何を見て何を感じたのか。どう震災に向き合い、どんな表現をしてきたのか。東北在住、東北出身の芸術家、関係者を中心に行ったインタビューを収録する。 河北新報出版センター

8 Hachiko Waits Leslea Newman/著 1巻
雨の日も雪の日も、主人の帰りを駅で待つ。有名な忠犬ハチ公の物語。英語点字2級(データ) Square Fish
◎文学 小説・エッセイ等
9 ドロップ 廣瀬 裕子/著 1巻
暮らしの中で見失いがちな小さな幸せや、“暮らすことの喜びって、こういうことよね”と思いあったかい気持ちになるような日々の言葉をつづった一冊。 集英社

10 夢洗ひ-恩田侑布子句集 恩田 侑布子/著 1巻
現実と夢幻の間に立ち上がる世界を言葉の雫で鮮やかに描き出す。 角川文化振興財団

11 わたしの日付変更線 ジェフリー・アングルス/著 1巻
二つの言語を身の内に持った者だけが至れる境地―。二つの言語を行き来する気鋭のアメリカ人詩人による日本語詩集。第68回読売文学賞詩歌俳句賞受賞。 思潮社

12 ゲート 外伝 南海漂流編-自衛隊彼の地にて、斯く戦えり 柳内 たくみ/著 8巻
「門」封鎖から5カ月。特地では周辺列国の暴走により、各地で紛争が勃発していた。伊丹ら日本使節団は、帝国皇太女ピニャらと共に紛争当事国との交渉に赴くが、その道中に船が座礁し、伊丹とピニャが大海原に放り出されて…。 アルファポリス

13 眠りなき夜明け 高城 高/著 4巻
〈虚宴〉に酔いしれる1989-90年、サッポロ。欲望渦巻く〈夜の隘路〉をススキノの強かな女たちと孤高の黒服が突っ走る! 寿郎社

14 シャーロック・ホームズ殺人事件(上) グレアム・ムーア/著 4巻
シャーロック・ホームズ研究家が死体で発見される。事件の鍵はコナン・ドイルの未発見の日記にあるとにらんだハロルドはロンドンへ。 早川書房

15 ブラウン神父物語 G.K.チェスタートン/著 5巻
まん丸な顔に丸い鼻。眼をぱちくりさせて、手には古ぼけたこうもり傘。小柄で、どこから眺めても時代遅れの頼りない神父さん。しかし彼は、途方もない探偵的才能に恵まれていたのです。 嶋中書店

児童向け図書
16 アーロと少年 中井 はるの/文 2巻
臆病な恐竜のアーロは、ある日激しい嵐にあい、父を亡くしてしまう。ひとりぼっちになったアーロに、小さくて勇敢な少年スポットが手を差し伸べ…。 講談社

17 スター・ウォーズエピソードⅠ ファントム・メナス ジョージ・ルーカス/原作 2巻
クワイ=ガン・ジンと弟子のオビ=ワン・ケノービは、アミダラ女王の救出に成功。そして訪れた惑星で奴隷少年アナキン・スカイウォーカーに出会う。 講談社

18 スター・ウォーズエピソードⅢ シスの復讐 ジョージ・ルーカス/原作 2巻
ジェダイ・マスターへの昇格が認められず、不満を募らせたアナキンに、パルパティーンが巧みに罠をかける。ついに暗黒面がアナキンに牙をむき…。 講談社

19 スター・ウォーズエピソードⅣ 新たなる希望 ジョージ・ルーカス/原作 2巻
自由と正義の守護者・ジェダイが絶えて久しい時代。ジェダイの末裔、ルーク・スカイウォーカーは、ジェダイの騎士として帝国軍と戦うことを決意するが…。 講談社

20 スター・ウォーズエピソードⅤ 帝国の逆襲 ジョージ・ルーカス/原作 2巻
基地にダース・ベイダー率いる帝国軍の攻撃を受け、反乱軍は散り散りとなる。追っ手を逃れたルークは惑星ダゴバへ向かい…。 講談社

21 ズートピア 本多 玉乃/文 2巻
ズートピア初のウサギの警察官になったジュディは、詐欺師のキツネ、ニックとズートピアに潜む大きな闇を探る。 講談社

22 塔の上のラプンツェル 駒田 文子/文・構成 2巻
不思議な魔力がある長い金髪を持つ少女、ラプンツェル。塔に閉じ込められて育った彼女は、泥棒フリンとともに外の世界へ…。続編「ラプンツェルのウェディング」も収録。 講 談社

点訳絵本
23 あま~いしろくま 柴田 ケイコ/作 1巻
おやつが大好きな、くいしんぼうのしろくまは、「おやつのなかにはいってみたら、どんなかんじかな?」と想像してみることにしました。プリン、ホットケーキ、かきごおり…。 PHP研究所

24 パンツいっちょうめ苅田 澄子/作1巻
「パンパンパンツ、パンツいっちょうー!」 パンツいっちょうで外に飛び出した、だいくん。どんどんどんどん走ったら…「パンツいっちょうめ」にきちゃった!? 金の星社

25 ふりかけヘリコプター 石崎 なおこ/作 1巻
ほかほかの白いごはんを発見したふりかけヘリコプターは、ごはんの上に卵のふりかけをパラパラパラー! 男の子は大喜びです。ふりかけ、大成功! 教育画劇

26 ヘビのレストラン 深見 春夫/作 1巻
ヘビのレストランは、お客が料理をつくるかわったお店です。ある日ブタがやってくると、かごの野菜におまじないをかけてと言われ……? PHP研究所

27 ゆめねこ 真珠 まりこ/さく 1巻
ある日の夜、ねこがやってきた。ねこの目は大きなビー玉のよう。見ているとくるくる回り出して、けんちゃんの目もくるくるくる…。 金の星社

28 ライタのたてがみ モカ子/作 1巻
「ぼくもはやく、おとうさんみたいになりたいな!」 ライオンの子のライタが欲しいものは立派なたてがみ。そこで、自分で作ってみるのですが、上手くいかなくて…。 ひさかたチャイルド

サピエ図書館からの点字図書紹介
29 脊柱管狭窄症は99%完治する-“下半身のしびれ”も“間欠性跛行”も、あきらめなくていい! 酒井 慎太郎/著 2巻
脊柱管狭窄症は関節の動きをよくする矯正やストレッチ、生活習慣改善などを行うことによって、自力で治していくことが可能です。 幻冬舎

30 1万人を治療した睡眠の名医が教える誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法 白濱 龍太郎/著 2巻
「目を閉じてもなかなか眠れない」「夜中に何度も目が覚める」「よく眠っているはずなのに疲れが取れない」そんな人は深い眠り「深睡眠」の時間が、足りていないのかもしれません。 アスコム

31 ぼんくら同心と徳川の姫[6]嵐の予感 -書下ろし長編時代小説 聖 竜人/著 4巻
北町奉行所の例繰方同心・末広喜十郎と、徳川吉宗の血を引く姫・お松。ふたりはたがいを想い合いながらも、べつべつの道を歩むことを決意した。 コスミック出版

録音図書
デイジー版(新刊)
一般向け図書
No書名(巻次、副書名) 著者名 時間
1 絶望を生きる哲学-池田晶子の言葉 池田 晶子/著 2時間03分
専門用語による学問としての哲学ではなく、日常の言葉で平易に哲学を語った池田晶子の言葉を、「不安の正体」「人間の品格」「社会と現実」「他人と自分」「肉体と精神」など、9のテーマに沿って引用して編纂する。 講談社

2 生涯恋愛現役-女のセンシュアル・エイジング入門 岩本 麻奈/著 5時間22分
よい香り、肌の柔らかさ、上質な会話術…。センシュアルな魅力を身につけ、とことん幸せに豊かに。パリジャン、パリジェンヌの生の声や経験を参考に、美の実像を紐解いた「パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ」の軽装版。 ディスカヴァー・トゥエンティワン

3 宮城あるある 松岡 真一/著 1時間50分
「マンボウがスーパーで売られている」「七夕はもちろん8月」「蔵王連峰には雪の塔が生まれる」「仙台駄菓子は高級品」…。杜と海の都、宮城県の“あるある”ネタ270本を大放出! TOブックス

4 音のかなたへ 梅津 時比古/著 5時間54分
左に音楽、右に言葉があるはざまを歩くと、なかった音、読めていなかった言葉が、立ちのぼってくるかもしれない。新しい音楽批評。 毎日新聞出版

5 ピアノの巨人 豊増昇 小沢 征爾/編著 3時間47分
第二次大戦前から活躍し、日本人として初めてベルリン・フィルと協演した豊増昇。その切り拓いた道の先に日本音楽界が花開いた。豊増昇の業績と半生をまとめる。 小沢昔ばなし研究所

◎文学 小説・エッセイ等
6 江戸川乱歩パノラマ島奇談-朗読 江戸川 乱歩/著 5時間
乱歩ミステリーの傑作として高い評価を受け、夢とロマンの香りに満ちた中篇「パノラマ島奇談」を紹介。全20回分放送された番組を1枚のCDに収録。

7 飼う人 柳 美里/著 9時間47分
さまざまな生き物を飼いながら、人はなぜ生きるのか。夫との生活に疲れた中年女は、家にいた毛虫に「トーマス」と名づけて飼うようになり…。いまの現実を本気で描いた純文学作品。全4編を収録。 文芸春秋

8 花精の舞 波多野 聖/著 7時間03分
能楽家の娘として生まれた綾は、女ながら能楽師になりたいと志す。東京からロンドン、そしてパリへ。美を追い求め、舞を追い求めて、明治・大正・昭和の時代を生き抜いた女性の、華麗なる大河小説。 KADOKAWA

9 季節はずれのきりたんぽ-ラジオ文芸館 小川 糸/著 42分
クリスマスのごちそうには必ず「きりたんぽ」を食べていた秋田出身の父。そんな父が、病気であっというまに亡くなってしまった。初夏とも言える暑さの中で、母は四十九日の法要に「きりたんぽを作る」という。“何気ない日常に幸せはある”ことを感じさせる、家族と食の物語。 新潮社

10 九十八歳になった私 橋本 治/著 5時間46分
時は2046年。東京大震災を生き延びた、独居老人で元小説家の「私」のもとを、ボランティアのバーさんや、ゆとり世代の編集者など、さまざまな人たちが訪れる。 講談社

11 ゴールデンコンビ-婚活刑事&シンママ警察通訳人 加藤 実秋/著 8時間42分
イケメンなのに結婚できない刑事・直哉と、バツ2で子持ちのマイペース通訳・アサ。最悪で最強の相性のふたりが連続バラバラ殺人事件の真相を追う。 祥伝社

12 忍びの森 武内 涼/著 14時間02分
織田の軍に妻子を殺された、若き伊賀の上忍・影正。信長への復讐を誓い凄腕の忍び7人を連れて紀州へ向かう途中、荒れ寺に棲む妖怪が彼らを襲う。 忍者VS妖怪の死闘を描く。  角川書店

13 スケートボーイズ 碧野 圭/著 6時間33分
大学4年の全日本選手権を最後の舞台と定め、フィギュアスケート部の仲間と切磋琢磨の日々を送る和馬。家族やコーチとの関係、就活、友情、恋愛…。夢に挑み、葛藤し、成長する大学生たちを活写した青春小説。 実業之日本社

14 スローバラード 小路 幸也/著 9時間19分
〈弓島珈琲〉に、ヒトシの息子・智一が家出したと連絡が入った。学生時代をともにした仲間たちが〈弓島珈琲〉に再び集結し、「あの頃」に封印した事件と対面する。 実業之日本社

15 千夜と一夜の物語 仁木 英之/著 6時間10分
「魔王」を名乗る男に捕らわれ、殺さぬかわりに面白い話をせよと命じられた千夜は、姉・一夜がかつて作った物語を語り始める。だが、物語は思いもよらぬ悪意を帯びて暴走し…。 文芸春秋

16 天国のベル-ラジオ文芸館 石田 衣良/著 42分
ある朝、突然耳が聞こえなくなった息子。母親の尚美は、病院で心因性の難聴であること、そしてなぜか「電話のベル」の音だけは聞こえるということを知る。 角川書店

17 ヴィオレッタの尖骨 宮木 あや子/著 5時間04分
あとどのくらい私たちはこうやって肌を合わせられるのですか。世間から隔絶された場所で生かされている美しい少女たち。快楽に溺れながらも、真実の情愛を求める彼女たちに救いはあるのか? 儚くも美しい恋愛小説集。 河出書房新社

18 ほかの誰でもないアヤコ-FMシアター 鈴江俊郎/脚本 52分
雨の日、女友だち栄子に「傘を届けてよ」と頼まれたアヤコは、駅前の階段で足をすべらせ頭を強打、気がついたらお花畑にいた。死神の使いから、「今までの人生でこんないいことしたって説明できないと、あの世に連れて行きます。制限時間は45分」と言われる。果たして自分に生きる値打ちがあったのだろうか?本ラジオドラマは、平成28年度芸術祭優秀賞。

19 むかし語りへのいざない~宇治拾遺物語~-古典講読 伊東 玉美/解説 38時間03分
本番組は、作品の一部を朗読した後、その部分の解説が入ります。朗読と解説を繰り返しながら全文を読み進めていくものです。全51回放送された番組を1枚のCDに収録。

20 龍の右目-伊達成実伝 吉川 永青/著 11時間59分
伊達三傑の一人とも数えられる男・伊達成実。だが文禄の役から帰参した後、生涯をともにすると約した政宗のもとを離れ、謎の出奔をする。そこに秘められた意図とは? 戦国末期を政宗とともに駆け抜けた男の生き様を描く。 角川春樹事務所

21 NHK障害福祉賞入選作品集第52回 4時間44分
(最優秀)「ことばを取り戻す」(優秀)「今日も新しい人生が始まる・・・高次脳機能障害からの再起」(優秀)「私の話を聞いてくださいーうつ病の親を持つ子どもよりー」など11作品を収録。

22 夫婦の中のよそもの エミール・クストリッツァ/著 8時間12分
インテリの家庭で育ったアレクサは、親に内緒で不良仲間とキセルの旅に出る。「夫婦の中のよそもの」をはじめ、旧ユーゴスラヴィアを舞台に描いた、短編6編を収録。 集英社

児童向け図書
23 いやし犬まるこ-お年よりによりそう犬の物語 輔老 心/著 1時間34分
触れ合うことで癒しを与える「いやし犬」として訓練を受けた「まるこ」。一度は人から捨てられ殺処分になりそうだった犬が、特別養護老人ホームで高齢者を元気する人気犬になるまでを紹介する。 岩崎書店

24 こんな暮らし方もある 佐藤 愛子/著 4時間51分
25 ショージ君の南国たまご騒動 東海林 さだお/著 5時間26分
26 死は「終り」ではない-山川千秋・ガンとの闘い一八〇日 山川 千秋/著 5時間23分

マルチメディアデイジー
27 思考の整理学 外山 滋比古/著 8時間16分
朝飯前の時間が大切、忘却の効用、収斂的思考と拡散的読書…。アイディアを軽やかに離陸させ、思考をのびのびと飛行させる方法を、広い視野とシャープな論理で知られる著者が明快に提示する。読みやすいワイド版。 筑摩書房

28 ビジネス会話力検定公式テキスト 石井 典子/編著 4時間05分
2010年2月創設のビジネス会話力検定に対応する初めての公式テキスト。会話例と練習問題を掲載。 日本能率協会マネジメントセンター

テキストデイジー
29 どうなるどうする現場に学ぶ情報セキュリティ 富士通エフ・オー・エム株式会社/著 85ページ
組織において様々な脅威から情報資産を守れるよう、情報セキュリティの必要性について、事例やイラストを交えながら、わかりやすく解説する。 FOM出版

30 教会は何を求められたのか-宮城・岩手での取り組み 大塚 史明/著 77ページ
「「あの日」からの教会-3.11いわて教会ネットワークの二年間」「教会と支援活動-ホープみやぎのケース」を収録。2012年に東京基督教大学国際宣教センターで行われた公開セミナーを書籍化。 いのちのことば社

31 抗重力鍼療法-重力負荷を取り除く刺鍼テクニックと疾患・症状別治療法 内田 輝和/著 143ページ
抗重力鍼療法の理論と方法を説明したマニュアル。痛み・こり、冷え性、不妊症、めまい、緑内障、胃炎、肥満などの疾患別に治療法を写真とともに解説する。 ヒューマンワールド

サピエ図書館からのデイジー図書紹介
32 にっぽん全国犬猿バトル地図 謎解きゼミナール/編 5時間44分
餃子消費量をめぐる争いを展開する宇都宮市と浜松市、明治維新の因縁がある福島県(会津)と山口県(長州)、四国ナンバーワン都市をめぐり競争する高松市と松山市…。日本各地のライバル対決を紹介する。 河出書房新社

33 仮想通貨とフィンテック-世界を変える技術としくみ 苫米地 英人/著 3時間56分
注目を集めているフィンテック、仮想通貨。何がどう変わるのか? ビジネスチャンスはどこにあるのか? フィンテックで使われている暗号技術を1990年代から研究してきた著者が、仮想通貨がもたらす未来を語る。 サイゾー

34 玄鳥さりて 葉室 麟/著 6時間08分
藩内で順調に出世を遂げる圭吾。その陰には彼を守って遠島になった男がいた。やがて二人は敵同士として再会し…。 新潮社

35 屍人荘の殺人 今村 昌弘/著 10時間20分
神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と明智恭介は、曰くつきの映画研究部の夏合宿に加わるため、紫湛荘を訪ねた。その夜、想像しえない事態に遭遇し紫湛荘に立て篭もった彼らだが、翌日部員の1人が密室で死体となって発見され…。 東京創元社

36 流れの勘蔵-鎌倉河岸捕物控 32の巻 佐伯 泰英/著 7時間11分
板橋宿の御用聞き仁左親分が金座裏を訪ねてきた。板橋宿で分限者や妓楼の子どもばかり狙った拐しが三件起きたが、その一味が江戸へ潜り込んだらしい。市井の平和を守るため、金座裏の決死の闘いが火ぶたを切る!平成の大ベストセラーシリーズ、ここに感涙の終幕。 角川春樹事務所

37 ヒトラーの試写室 松岡 圭祐/著 12時間41分
1937年、柴田彰は円谷英二の下で日独合作映画『新しき土』の特殊撮影を担当し見事に完成させた。その技術に目をつけたのがナチス宣伝大臣ゲッベルス。映画による人心の掌握と統制を進める彼は、柴田をベルリンに招聘し、タイタニック号の沈没シーン制作を命じる。 KADOKAWA

38 迷 大沢 在昌ほか/著 7時間49分
乙一、近藤史恵ら8人の作家が「迷う」をテーマに描くアンソロジー。 新潮社

当センターは、平成21年4月より公益財団法人宮城県視覚障害者福祉協会が指定管理者制度により宮城県から指定を受け運営しております。
施設運営及び事業等々に対する利用者の皆様の意見を拝聴し、できるだけ反映させて行きますのでご意見をお寄せ願います。よろしくお願い致します。

<宮城県視覚障害者情報センター>

利用時間は、午前9時から午後5時まで。閉館日は、土、日曜日と、祝日、年末年始等ですが、下記の日曜日は開館しております。

6月の日曜開館日17日
7月の日曜開館日1、15日
8月の日曜開館日5、19日

〒980-0011宮城県仙台市青葉区上杉6-5-1
TEL:022-234-4047 (夜間・閉館日は留守番電話をご利用ください。)
FAX:022-219-1642
ホームページ:http://www.miyagi-sikaku.org/
Eメール:miyagi-sikaku@nifty.com
貸出用メール:kasidasi@miyagi-sikaku.org