新着情報

【奉仕員の皆さまへ】奉仕活動・会場使用について(8月1日~)

8月1日以降の奉仕活動及びセンターの会場使用に関して、次のとおり対応を取らせていただきます。
 
1.感染予防対策として、室内の換気、人と人との距離を適切に取ることをお願いしております。入口でのアルコール消毒・マスクの着用・来館記録の記入につきましても、引き続き徹底をお願いします。
 
2.会場使用について、下記の通り定員を設けております。各会場とも定員内で、十分な換気・適切な距離を取った上でご使用頂きますようお願いします。
○閲覧室:5人以下
○ボランティア室:10人以下
○研修室:30人以下
○デイジー編集室:3人以下
※校正室・相談室については原則として使用不可。他の会場が埋まっている場合のみ2名程度で使用。
 
3.奉仕活動及び各会場の利用について
○製作物の受渡し
 ご希望の方法(来館・郵送)で受渡しをお願いしています。郵送用にレターパック等必要な方はご連絡ください。
○スタジオ・録音室での活動
 職員が録音室内の消毒・換気を行うため、通常の利用時間10分前に終了をお願いします。
○音訳定期刊行物の収録
(センターだより等)
 感染予防対策を徹底しながら活動再開。来館が難しい方は無理のない範囲で活動をお願いします。
○デイジー編集ボランティア活動
 感染予防対策を徹底しながら活動再開。
○点訳・音訳相談、パソコン作業
 感染予防対策を徹底しながら活動再開。音訳相談については予約制とし、密集を防ぐため研修室にて行います。
○作業奉仕員の活動
(各種発行物封入や検聴作業などの活動)
 感染予防対策を徹底しながら活動再開。
○点訳例会・音訳定例会
 音訳定例会は人数を調整した上で分散して実施します。
 点訳例会は50人以上の参加が見込まれるため、当面の間休止。
○点訳・音訳の各種グループ活動
(テープみやぎ、フレッシュインフォメーション、各奉仕会活動等)
 感染予防対策を徹底しながら活動再開。
○点訳・音訳奉仕員養成講座
 7月より開講しました。講師等でご協力頂く奉仕会の皆さまには、感染症予防対策の徹底をお願いしております。